最近のオススメ

プログラミングって何?

プログラミング

サラリと用いる言葉の意味は?

今日私達が何気無く用いる言葉であり、意識ぜずとも耳に飛び込んで来る言葉は数知れません。
パソコン関連ワードにもこれは共通しており、その代表格として挙げられる「プログラミング」なる言葉、皆さんは第三者に対し、どのようにやさしく噛み砕いて説明されるでしょうか?

平たく申せば、プログラミングとはコンピューターを扱う私達人間が、コンピューターにとってプラスとなる諸々の行為を施す状況あるいは作業を指す言葉です。
私達は手元のパソコンを極めて当たり前の如く自由に駆使していますが、精密機械製品として完成されただけでは、これら工業製品は自力で何の働きも出来ない事は、皆さん既にご理解の通りです。
コンピューター(※以下ここではパソコン)が日々私達のタイピングやマウスの移動に対し、毎回定められた作業を実践するには、当然何らかの事前情報のインプットからその定着が必要なのです。
こうした「一定の行為に対して定められた反応を示す事が可能な環境整備」、これこそがプログラミングなのです。

例えば手元のキーボードをローマ字変換に設定して「A」と押せば、画面に「あ」と表示される、これもプログラミング無くして叶いません。
受診したメールに記されたURLリンクを右クリック1回すれば、該当のサイトが画面に現れるのも一緒です。
プログラミングとは、製品を正しく操作すれば、それに因って実現出来る現象を正しく実践出来るための「環境整備」なのです。

具体的な作業とは?

それでは更に踏み込んで、具体的なプログラミング作業に関し、一緒に検証して行きましょう。
まず第一に不可欠なのは、自らがパソコンを用いて「何をさせる・させたい」かを明確に見極めねばなりません。
パソコンとはあくまで受動的一辺倒の精密機械であり、懇切丁寧かつ確実に1つ1つを教え込む(=プログラミングする)作業が無ければ、ウンともスンとも反応してくれません。

その作業過程に関しては、どれだけスペースを与えていただいても語り尽くせませんし、何よりどうしても専門的な記述となるため、ここでは割愛せざるを得ません。
随分突飛な例えになりますが、幼子に1つずつ言葉を教え込む根気と共通する地道な作業だと説明すれば、漠然とでもニュアンスが伝わるかと思います。
まっさらな乾いたスポンジ状態に水分を与えれば、全てを条件反射的に吸収しますが、例えば固体の異物が混在していれば、スポンジの表面はそれを拒絶して当然です。
パソコンが私達が意図する指示を全て正しく「吸収する」プログラミングが求められるのです。

こうして本当の意味で、単なる精密機械からパソコンと名乗るに値する機能を準備したのであれば、次の作業は当然、こちらの意図通りに正しく作動するか否かのチェックです。
これだけの段階を踏み、間違いなく「パソコン」と称するに値する能力を備えたツール、これこそが本当のパソコンであり、全ての鍵を握る作業がプログラミングなのです。

Related Posts